ブラックマージンに悩んだら審美歯科で若々しい口元を取り戻しましょう

例えば歯が根っこしか残らないほどの虫歯になったり、外傷によって折れてしまったりした場合は、根っこが無事ならばその上にコアと呼ばれる芯のようなものを形成して、その上から人工の歯を被せる治療を行うことがあります。

実はそのコアが金属で作られることによって、歯茎から黒い金属が透けて見えることがあります。
これをブラックマージンと呼びます。治療をした当初は見えないため、患者本人も気にしないのですが、年々残った歯の根っこが金属によって着色され、それが歯茎から透けて見えてしまうのです。


ブラックマージンは口元を老けた印象にしてしまう原因のひとつになります。
被せてあるクラウンを除去し、コアの金属も除去して、残っている歯の部分をホワイトニングで白く戻します。そして、着色しないように硬化レジンやファイバーを使ってコアを作り、その上からセラミックやメタルボンドのクラウンを被せると、まるで自分の歯のように美しく、また元通り若々しく再現することが出来ます。
なお、その歯を治療したことが無いのに、歯茎が着色していると言う場合は、歯石の付着が疑われます。

その場合は審美歯科でも普通の歯科医院でも治療は可能です。


実は私も前歯の歯茎の着色で悩み、審美歯科を訪れた際、歯石の除去だけで解決したという経験があります。
ブラックマージンもそのひとつです。

普通の歯科医院であれば、治療する必要の無い健康な歯であると判断されても、審美歯科では患者さんが悩んでいればそれは治療を検討すべき歯なのです。
欧米では、美しい歯並び、白い歯が非常に重要視されます。
このため、審美歯科が非常に多く、また、一般の人も小さいころからホームドクターを決めて定期的に通うことが全く珍しいことではありません。

歯列矯正は小さいころに済ませておいてあげるのが、親にとって子供への愛情であると当たり前に捉えられています。



矯正器具をしている子供も非常に多いため、日本のように子供同士でからかわれるということもありません。


むしろある程度成長してから矯正器具をしている方が、どうして今更とからかわれることになります。

子供のころからこのように育てられるため、成長して大人になってからも、セルフケアの一環として、審美歯科は広く利用されます。


この背景には、一つの要因として欧米人のもともとの歯の色と、歯の形が関係しています。日本人に比べて欧米人の歯の色は、何もしなくてももともと白く、歯の形もあまり段差や隙間が生じないような形をしています。

ただし歯列矯正の場合は、大人になってからの方が難しく痛みが強くなりますので、なるべく子供の内にした方が良いでしょう。
その他には、ホワイトニング、歯の隙間を埋める、虫歯のかぶせ物の色を白いものに替える、などがあります。
歯が美しいと、自然と笑顔が増え、顔つきが変わり明るくなる。

歯は心を映し出す鏡なのかもしれない。審美歯科はそういった美しい歯(例えばホワイトニングなど)を目的とした歯医者である。


芸能人だけでなく、一般人でも歯がきれいな人が増えた。

銀座の歯医者情報をまとめてチェックしよう。

歯磨きをして、虫歯がないだけのことを言っているのではない。美しい白い歯の人が増えたことを言っているのである。


審美歯科が広く一般に知れ渡っている証拠であり、何より利用されている証拠である。

美しい歯をみて、不快になる人は絶対にいない。

好印象を持たれ、好感触だろう。

普段から接客業をメインにしている仕事ならば、審美歯科はとても役に立つ。接客、それは相手あってのことで、相手は自分のさまざまな部分を見ている。


顔全体、目、口、鼻は言わずもがな、笑ったとき、ふとした時に見える白い歯で、相手からの印象はガラっと変わるだろう。


交渉なら成功するかもしれないし、面接なら面接官によい印象を与え、仕事へと結びつくことができるかもしれない。
いいことだらけのことなのである。審美歯科で自分の歯に自信を持つと、明日からの生活がより一層楽しいものになることは必至である。

銀座の歯科の情報をまとめました。

人は笑うことで元気になり、精神的に安らげる。

悩みの種もどこ吹く風、吹き飛ばしてしまうのである。

歯が美しいと、笑顔が増えるので、自然と人に優しい気持ちが生じる。


審美歯科はまさに人の心まで美しくさせるのである。気分まで明るくさせ、その人の人生までも向上させる。

審美歯科がある時代に生まれた人は幸せかもしれない。

笑って自分の歯を見せることができない人生なんて、とてもつまらないし、面白みに欠ける。

どうせすごすなら笑ってすごしたいし、歯を見せて思い切り笑顔で毎日を暮らしたい。

一度の人生を笑いでいっぱいにするか、口を結んで笑わないか、どちらが楽しいか、はたまたどちらが実り多いかは言うまでもない。

キラっとしたスマイルほど値打ちのあるものはないのかもしれない。