インプラントを利用した矯正歯科治療

歯並びの悪さを改善する方法として矯正歯科治療がありますが、他の技術と併用することによって、より短期間で効果を得られる方法があります。

歯を失ってしまった時の治療方法としては、高度な技術を利用した最新の技術としてインプラント治療があります。失った歯を取り戻し、自分の歯のように使うことができるメリットを持ちますが、矯正歯科治療へも使用することができます。歯並びが極端に悪い重度の症状がある場合は、矯正治療でも抜歯をする場合があります。
抜歯によって歯を動かしやすくするためのものですが、抜歯された部分に矯正歯科治療用のインプラントを埋め込む方法を、インプラント矯正と呼んでいます。

矯正歯科治療では、矯正器具によって力を掛けることで歯を動かす方法が取られます。


しかし大きな力を掛けるには不十分であるため、直接骨に矯正用インプラントを埋め込むことによって、歯の動きのコントロールを容易にしているのです。
インプラントを使った矯正歯科治療では、従来の方法では実現できなかった歯のコントロールが可能となりますので、治療期間を短縮できることが最大のメリットとなります。
インプラント矯正に使われるインプラントは、歯を生み出すものではなく、あくまでも矯正歯科治療の手段として使われるものですから、治療が終了すれば取り除くことになります。インプラント矯正は最新の技術のために、治療を行っている歯科医院がまだ少ないと言う現実があります。

銀座の歯医者に関する情報の一覧です。

しかし、確実な歯の移動と短期間で治療できる大きなメリットがありますので、治療を考える場合は専門に行っている歯科医院を探す必要があります。

インプラントを併用した治療方法であるため、治療費も割高となる場合がありますので、状況に合わせて選んでいく必要もあるのです。インプラントでも矯正治療でも同じことですが、人それぞれの口腔内の状況に合わせて完成形が決められますので、専門医の診断を基に治療方法を決める必要があります。

審美歯科とは、通常の歯の治療である悪い所を治すというモノにとどまらず、名前の通り、歯の美しさに焦点をあて、より快適で美しい歯にするという目的で治療を行うという歯科医療の一つの分野です。

ただし審美歯科により歯を美しく見せるためには、様々な部分を整えるという必要性があり、一言で審美歯科と言っても、実に数多くの治療法が存在しています。

例えばしっかりと定期的に歯磨きをしていても、食べ物の染色等によって歯というのは、本来の白さが失われて行きます。

ですが審美歯科で歯のクリーニングを行う事で、食物や染色による歯の汚れを取り除く事が出来ます。


しかも見た目が素晴らしい歯になるというだけでなく、清潔な歯を取り戻しそれを維持する事で虫歯予防の効果も期待出来るのです。


更によりはっきりとした白い歯を手に入れたいという人は、白くするための薬を用いるという方法も存在しています。

これらを行う事で、失った歯の白さを取り戻す事が出来ます。

歯の色と同様、歯並びというのも審美歯科を行う上で、積極的に治療すべき部分です。
とはいえ、ご存知の様に歯の矯正というのは、矯正器具を使い行う場合、数年単位という長い時間が掛かったりします。そんなに待てないし、大人になって矯正具を何年も付け続けるには抵抗があるという人も、少なくないです。

そんな人にも人工物を用いて、出来るだけ早く歯並びを整えるという審美歯科の治療法が存在しています。
方法としては、人工物の詰め物や被せ物を使用する事で、隙間や歪みを整えて行くというやり方です。
この方法ならば、時間もそんなに掛からないので、気軽に矯正する事が可能です。

銀座の歯科が最近話題になっています。

他にも失った歯を人工の歯根等を用いて、本物に近い形で取り戻すといった方法も審美歯科に入ります。

では、このように白く並びの良い歯にする利点はどこにあるのかと言うと、やはり対人関係で好印象を与え易くなるという部分が大きいと言えます。

というのも歯の色や歯並びを気にして、思いっきり笑えないという事もなくなり、素直な感情表現が可能になるからです。そして相手に好印象を与える事で、自信へと繋がり、その事がより明るく楽しい毎日をもたらします。


ある日突然痛くなります。


奥歯がズキズキと鈍い痛みがしてきて気になってしまいます。

そして重い腰をあげて歯科へ電話をかけて痛みがあることを伝えて予約を取ります。


なるべくできれば行きたくないとつい思ってしまいがちなのが歯科だったりします。

そしていつもよりも丁寧によく歯をきちんと磨いてから、いざ歯科へ向かいます。清潔な場所でやさしい歯科助手の方が丁寧に対応してくれてほっとします。

そして先生に痛みを伝えて診療してもらいますが、原因がむし歯だったり、知覚過敏だったり、詰め物がうまくあっていなくなっていたりします。


そして治療が開始し数回通って完治させます。先生はいつも痛くなる前に定期的に来てくださいといいます。本当に出来れば定期的の検診をすることが大切なのです。



痛くなってからだと治療に時間も費用もかかって大変になってしまうからです。大体3ヶ月から半年に1回は検診を心がけるといいそうです。痛くなくてもむし歯がなくてもきちんと行き、歯のチェックをしてもらいます。

自分がきちんと歯磨きが出来ているかもわかります。


そして毎日磨いていてもついてしまうのが歯石です。
こちらも丁寧に削って磨いてきれいにしてもらいます。

歯についたお茶やコーヒーなどの着色も取ってもらえます。

そして歯ぐきが健康かチェックしてもらい、すっきりと検診が終わります。


終わると歯の裏がつるつるとした感触になっています。

そうやって歯科で定期健診をしてむし歯やお口のトラブルの早期発見をこころがけることが大切なのです。