審美歯科に行ってみた

男性でも女性でも初老以降の入れ歯装着はそれほど珍しくはないことですよね。

むしろ入れ歯をしておかないと物が噛めないのでとても不便だと思います。

しかし特に若い女性だと目立ってしまう部分入れ歯を使うことには抵抗があるのではないでしょうか。私も歯が丈夫なほうではないので歯磨きには十分気をつけていますが、もし入れ歯をすることになったらショックは大きいと思います。

私の妹がちょうど今1本歯を失いかけていて不安になっているようだったので、審美歯科で目立たない入れ歯をしてくれる所はないのかと探していたら一つ良い方法を見つけました。


入れ歯全体が樹脂製で見た目も目立たないし、普通の入れ歯と違って金属アレルギーを誘発する心配がないタイプのものです。
審美歯科や普通の歯科でもできるようです。個人的には審美性な部分から審美歯科でしてもらうほうがいいのかなと思っています。

実際に審美歯科で作った方の画像を見ましたが、入れ歯だというのが全くわかりませんでした。審美歯科では他にも歯列矯正やホワイトニング、セラミック治療などもできます。

私が特に興味があるのはセラミック治療です。


というのも、先ほど書きましたように歯が丈夫ではなく虫歯になりやすいため、下の歯はほとんどが銀歯でコンプレックスの一つになっているからです。
セラミック治療では、歯とほとんど同じ色のセラミックという一種の陶器のようなもので被せ物を作って歯の一部や全体に貼り付けます。

他の歯と色が変わらないので目立つこともなく、美しい歯並びに見えます。審美歯科に行ったことは今までなかったのですが、保険がきかないものもけっこうあるようですね。

でもコンプレックスをなくして自分を好きになるためにも必要な投資だと考えて勇気を出して行ってみようかと思っています。



審美歯科は顔の整形、体のエステと同じように自分に自信を持たせてくれる場所じゃないかと思います。
歯のことで悩んでいる人は一度相談に行ってみるのもいいのではないでしょうか。

矯正歯科とは歯科の診療科のひとつで、主に不合咬合や顎変形症などの治療を行います。

不合咬合とは出っ歯や八重歯、でこぼことした歯並び、うけ口やすきっぱなどのことを指します。
矯正歯科で行う歯列矯正にはいろいろな方法があります。

いちばん一般的なのはワイヤーによる矯正です。多くの矯正歯科で行われています。



ブラケットとよばれる装置を歯につけて行います。

そこにワイヤーを通して歯を動かしていくスタンダードな矯正方法です。


ブラケットは金属でできているためとても目立ち見た目が良くありません。

ですが最近は透明なプラスチックでできているクリアーブラケットやセラミックブラケットなどもあります。

見た目が改善され目立ちにくくなりますが値段はやや従来のタイプより高めです。
舌側矯正というタイプもあります。
リンガルブラケットと呼ばれるものです。
これはブラケットやワイヤーなどの装置をすべて歯の裏側に設置するやり方です。
そのため見た目ではほとんど分からなくなります。

ただ治療期間は少し長くかかりますし、費用も高めです。そのほかにはインプラント矯正があります。

この方法を行っている矯正歯科はまだ多くありません。

ですが治療期間が約半分ほどに短縮されること、またその治療結果も良好であることから注目されている歯列矯正方法です。


方法としてはインプラントを固定源として使用します。そのため矯正したい歯を確実に移動させることが可能なのです。手術が必要となりますが、短時間の手術で良いミニインプラントもあります。


マウスピースを使った矯正方法もあります。


アライナーという透明のマウスピースを使用する方法です。



何週間かおきにアライナーを交換しながら歯を徐々に移動させていくという方法です。
これはもっとも目立ちにくい方法ですが、比較的簡単な矯正治療の時しか行うことができません。

矯正歯科での歯の矯正はいろいろな方法もありますし、矯正に期間もかかります。
また費用も高額にかかる場合が多いので、きちんと矯正歯科で話し合い説明を受けたうえで行うようにします。
矯正歯科とは一般的に出っ歯・乱ぐい歯・八重歯・受け口など噛み合わせの悪い歯並びをきれいに治す治療をいいます。単にきれいな歯並びにするというだけではなく、虫歯・咀嚼障害等の病気を予防するためにも重要な治療となります。

また、歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなってしまい、顔がゆがんだり、頭痛、肩こりなどの全身の健康状態にも悪い影響を与える可能性もあります。

歯並びがきれいに改善されることで顔のゆがみも改善されます。

近年、健康志向の高まりにより成人してからの矯正歯科が増加しています。
矯正歯科は、歯の根・歯を支える骨・歯肉が健全で、虫歯の処置も適切であれば、理論的には何歳でも矯正歯科の治療は可能といわれています。ただし、成長期の治療に比べると歯の移動速度は遅く成人の治療の方が長引きやすくなります。

成人の矯正歯科の治療の場合は、成長発育がほとんどないため歯の移動計画が立てやすいという利点もあります。

子供の時期の矯正歯科の治療は、歯が生えそろう年齢(小学生の高学年から中学生にかけての時期)になると短期間で治療できる余地が減ってしまうため、一般的に永久歯が生え始める6から7歳で予防的に矯正歯科の治療を始める場合が多くなります。

子供の時期の治療は将来への良い歯並びへの準備といえます。
早期に問題点を解決しておくことで、正常な成長発育が期待できます。


矯正治療中の歯は、歯茎の汚れがつきやすくなります。

歯につく汚れのほとんどはバクテリアのかたまりで、これにより歯槽濃漏が進行することもあります。

予防としては自ら歯ブラシをすることはもちろんですが、自分では取れない汚れに関しては専門の方にクリーニングを依頼することも重要です。

矯正歯科の治療を進める流れとしては、初診で治療の概要説明を聞き、費用や治療期間などを確認します。

その後、精密検査をしその結果から治療方針・使用する装置・治療期間・治療費などを説明となります。
治療方法や期間など人によって異なるため、治療に入る前にきちんと理解しておくことが大切です。